両面からのサポート

内科もある病院

内科、耳鼻科、小児科が一挙に集まった病院といえば総合病院だが、個人病院でも複数の科が集まった病院がある。
このような病院では、複数の医師が共同経営している場合もあるが、一人の医師がその知識と技術を活かして複数の治療を可能にしている医院もある。

例えば小児科と耳鼻咽喉科が併設されたような病院では、小児科と耳鼻科両方の面からのケアが可能となる。
中耳炎を起こした乳児や児童が、それと合わせて喘息や発熱を引き起こした場合、わざわざ別の内科・小児科に行くことなくその場でかかりつけ医の診断と治療を受けることができる。
かかりつけ医はその患者の病歴を理解して治療を行うので、治りが早い傾向がある。
また、何度も同じ診療や検査を行わずに済むので、医療費の節約になる。
加えて、乳児が病気をした際は患者である乳児も親も疲労しているので、無駄な手間を省くことができれば体にも負担をかけずに済ませることができる。

怪我をしたときや、大きな病気をした時に受診する外科などに比べて、内科・耳鼻科・小児科は身近な診療分野である。
健康で安心な治療を行うために個人病院も総合病院も連携をとって経営に励んでいる。
患者側も個人病院や総合病院の性質を理解しうまく利用することで、健康な生活を送ることができる。

小児科の特性

内科の注射器

小児科が行う治療は特殊である。なぜなら小児に関しては内科や耳鼻科、外科の分野でも小児科特有の治療法があるからである。

小児科は小児特有の性質を踏まえ、小児の健康を考え検査し、治療を行う科である。
小児には乳幼児から小学校中学年くらいまでの年齢層が含まれる。
体の発達段階では成人とは違った体の特質がある。
たとえば、乳幼児は内臓の発達段階で、食べているものも成人とは異なる。
乳幼児の主食といえば母乳を代表とするミルクで、必要な栄養素も発達の段階に合わせて変化する。
また、骨がまだ柔らかいので柔軟であるが、その分折れてしまえば成人とはまた違った治療方法が必要となってくる。

このことから、乳幼児や児童の発達を理解し、訓練を受けている医師が必要となる。

近年では小児科の医師不足が叫ばれている。
小児科医には特別な訓練と長年の経験、知識を必要とするので、成熟するまでに時間がかかるのである。
このことから、大きな総合病院でも小児科を閉鎖するところも増えている。

そのことを踏まえると、小児科を経営している個人病院は地域にとって貴重であるといえる。

総合病院で小児科を受診する際には大きなメリットがある。
総合病院では他の科が同じ施設にあるため、異なる分野の医師同士がコミュニケーションを取りやすい傾向にある。
小児科特有の分野と、耳鼻科の分野が重なれば、協力しあって最適な治療を行うことができる。
例えば、中耳炎は乳幼児がかかりやすい病気として有名であるが、乳幼児特有の風邪をひきやすいなどの性質と耳鼻科の専門的な治療法両面からのケアが可能である。

耳鼻科の治療

内科もある病院の廊下

耳鼻科で受けられる治療を見ていこう。

内科では首から下の内臓を検査・治療することが多いが、耳鼻科は首から上を構成する内臓の治療・検査を行っている。
耳鼻科に関するものといえば、鼻水が出る問題をどうにかしたい、と考える人は多い。
鼻水が出続けるとよく鼻をかまなければならず、生活を送る上で支障をきたす。鼻水が出っぱなしだと見た目にも良くないが、鼻をかみすぎると頭痛が起きるなどの問題も続いて出てきてしまう。

鼻水といえば最近は花粉アレルギーの影響は深刻であり、日本全国で苦しむ人は多い。
ここ二・三年は中国から渡ってくる粉塵であるPM2.5の影響もあり、それも加えて花粉アレルギーを持つ人々の苦しみも増大しているという。

そういったことを踏まえると、耳鼻科の治療が進化することは日本全体が求めることであるともいえる。
花粉症でなくてもハウスダストなどのアレルギー症状で鼻やのどに以上をきたすことは多く、耳鼻科ではアレルギー治療を中心とした薬物投与やレーザー治療が行われることが多い。

また、薬物では対処しきれない問題には手術を行うこともあり、これは外科ではなく耳鼻咽喉科で手術を行う。

また、耳鼻咽喉には頭部の中にあり、人間の聴覚やバランス感覚を司る三半規管なども治療対象となっている。

外部から見える耳を外耳とすれば、音を感知する器官を内耳という。
この内耳に含まれる三半規管に異常があれば、めまいなどの症状を起こすことがあるので、この検査を行い、必要な場合は外科手術を施術する。
耳鼻科に関するものだが、小児科に特有のものもある。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930