内科の治療

内科もある病院の設備

それでは、内科、耳鼻科、小児科ではどんな医療が行われるのか見ていく。

内科は一般の人々が最も利用する確立の高い科でもある。
人は誰でも年に一回は風邪をひく。
こういった風邪の治療を担当するのは内科の仕事であるが、内科は体の状態を調べ、主に投薬などで治療を行っていくのが特徴である。

内科で行う治療や検査は例えば以下のとおりである。
風邪、インフルエンザ、腹痛、発熱などに適切な投薬を行うことでの治療。
腹痛を訴える患者には検査をすることもある。
レントゲンやバリウム検査、または胃カメラなどで体の中の状態の検査も行っている。
胃カメラなどの検査によって内臓に異常を見つけた場合、外科と連携をとり、精密検査を依頼するという対応も行っている。

個人病院でも胃カメラの検査を行っているところもあるので、定期的な検査のために利用する人も多い。
個人病院で出来ない検査があった場合、病状を詳しく明記した紹介状を総合病院へ送り連絡することもある。

また、病気の早期発見のためにはこういった検査が必要だが、その検査も内科が受け持つ。
総合病院では人間ドッグを引き受けており、精密な検査を定期的に行うことを推奨している。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031